実際に会うときに

メールを交換している女性と会うことになるのはどの段階かはわかりません。人によっても相手の女性によっても違うでしょう。話が弾んで嵐のようにメールをした結果、知り合って四日目で会うことになった例も聞いています。逆に半年以上もメル友として仲良くなってから会ったという例もあります。一概に会うのが早いからよい、遅いから駄目だとは言い切れないでしょう。要はタイミングだと言っても過言ではないでしょう。
女性とメールを続けているうちに自然とそのタイミングがわかってくるはずです。仲良くなってくれば相手の女性も当然直接会って長時間話をしたいと思うはずです。逆に付き合いは長いのだけれど、いつまでもよそよそしい態度が取れない女性は強引に誘っても会うことを了承しないかもしれません。こういった場合はメールではなくて電話で話ができないかどうか誘ってみるのもよいでしょう。電話であれば実際に会うよりは危険も少ないことから抵抗が少ないでしょうし、電話での話で打ち解ければ意外とあっさりと会う段階までいけるかもしれません。
ただし多くの場合、女性側の「会う」と男性側の「会う」には温度差があることを忘れてはいけません。男性の場合、多くの人が「会う」ことをセックスと絡めてイメージしているだろうと思います。しかし女性の多くは出会い系サイトの男性に会うことをネット友達とのオフ会といった程度のノリで捉えていたりします。従って具体的に合うまでの話をする段階で「セックス」の匂いを感じさせると一気に引かれる場合があります。実際に会ってからどうなるかはわかりませんし、そういった欲望を胸に秘めているのはかまいませんが、相手には見せないようにした方が得策です。
また、女性の方から強引とも言える形で会うことを要求された場合は、女性がプロである可能性も考慮した上で、会う日時や場所などを決める際には自分が主導権を握るようにしましょう。

Copyright© Sample Site All Rights Reserved.